シーマン人工知能研究所とは、なにを研究するところですか?

AIには3つの分野がありますが、特に弱いのが会話エンジン。
なかでも、英語とは違って、日本語は文法が複雑で、口語にも特殊性があり、シナリオ型でなんとかやりくりしているのが現状。
日本は会話エンジンの後進国。これを「どうにかせんといかんな」と思ったわけです。

主な研究の目的は、なんですか?

いままでの文語形式のAIエンジンでは、会話における日本語の抑揚などに対して正確な受け答えができていない。
もしかしたら、人工知能を使った製品の中で もっとも普及したコンシューマー製品「シーマン」で培った知見を生かすことで、
「マジ?」
「ええ、マジですよ」
と省略・簡略化した日常会話が成立する、会話エンジン「シーマンAI+メロディ言語認識」ができるのでは…。という仮説を基に研究を進めています。
近い将来には、「会話エンジン」の開発とパッケージ化を進めて、多彩な会話機器へのライセンスを行っていきたいと考えています。

それは、ゲーム「シーマン」の復活も視野に入っている?

会話エンジン「シーマンAI+メロディ言語認識」が開発されれば、ないとは言えませんが、いまのところはなんとも言えませんね。

商号  :株式会社シーマン人工知能研究所
所在地 :106-0031 東京都港区西麻布3-2-1 北辰ビル8階
設立  :平成27年6月1日
役員  :代表取締役 斎藤 由多加
業務内容:コンピューターソフトウエア(AI)の開発及び販売 他
TEL   :03-6434-9461
FAX   :03-6804-5381