業務負担の軽減は実現できるのか?「保育のAI化」現場保育士が6割反対

業務負担の軽減は実現できるのか?「保育のAI化」現場保育士が6割反対
保育士の人材紹介サービス「保育のお仕事」を展開する株式会社ウェルクスは、保育のお仕事レポートの読者、保育系のSNS(Facebook、Twitter)の読者を対象に、「保育のAI化」について調査を実施しました。

【調査結果】
■「保育AIについてどのようなものか知っていますか?」
→「知っている」と回答した人が17.7%、「知らない」と回答した人が82.3%。

■「あなたの職場には保育AIが導入されていますか?」
→「導入されている」と回答した人が5.3%、「導入されていない」と回答した人が94.7%。

■「自分の職場に保育AIが導入されるとしたら賛成ですか?反対ですか?」
→「賛成」と回答した人が41.6%、「反対」と回答した人が58.4%。

■「どのような仕事を保育AIに任せて軽減したいと思いますか?」
→「連絡帳や保育園だよりなどの書きもの業務」が31.0%。
→「保育日誌など内部の書類業務」が46.9%。
→「行事の写真撮影・選定作業」が55.8%。
→「昼寝時や遊び時の見守り」が13.3%。
→「子どものお守り」が3.5%、その他が5.4%。
全体として、「AIには任せたくない」という回答は34.5%。

保育のお仕事レポート
ウェルクス
保育のお仕事

Source: PR TIMES
(最終更新:2017年12月9日)1323
Return Top