AIを用いたライヴ来場者分析を映画にも転用開始

AIを用いたライヴ来場者分析を映画にも転用開始
エイベックスは、AI機能を活用したライヴ来場者分析の実証実験の一環として、TBSラジオ、ディー・エル・イーの協力のもと、映画「DCスーパーヒーローズ vs鷹の爪団」(以下DC鷹の爪)の分析を行ったと発表しました。

以下、プレスリリースより

本年9月1日(金)に発表させていただいたAIを用いたライヴ来場者分析について、TBSラジオの番組「THE FROGMAN SHOW A.I.共存ラジオ 好奇心家族」にて、当社スタッフとFROGMAN氏との会話をきっかけに「DC鷹の爪」の初回上映において実証実験を行うこととなり、10月21日(土)に実施いたしました。
本システムは、A.I.で劇場内に設置したカメラで来場者の顔を検知し、映画のどのシーンでどのような感情を持ったかを分析することで、映画のマーケティングデータとして活用するものです。
映画では、ライヴ・イベント以上に来場者の反応を把握することが難しく、客観的な評価が興行成績でしか測れないものでした。本システムを活用することで、客観店来な評価が可能となり、今後のよりよい映画製作に寄与できるものと考えております。

エイベックス

Return Top