ロボットがユーザのこころを理解し寄り添ってくれる世界が到来?

ロボットがユーザのこころを理解し寄り添ってくれる世界が到来?
2017年12月12日Empath Inc.が開発した感情解析AI「Empath」が、富士通が提供する「ロボットAIプラットフォーム」に採用。
第1弾として、ユニロボットの提供するコミュニケーションロボット「unibo」と接続したサービスを提供を開始すると発表しました。

富士通が提供するロボットAIプラットフォームは、コミュニケーションロボットをはじめとするさまざまなデバイス群と接続でき、デバイスと人が自然なコミュニケーションを実現するもの。
独自の人工知能による自然対話技術、表情認識技術、音声感情分析技術、個人認識技術を有し、個人の感情を読み取り、状況に応じた対話が可能とのこと。
また、ロボットAIプラットフォームは、個性を学習するユニロボットのクラウド環境とも接続しており、サービスロボット unibo の管理、制御を行なっていくそうです。

音声感情解析に採用された、Empathが開発した、Emotion AI「Empath」は、音声の物理的な特徴量から気分の状態を独自のアルゴリズムで可視化し、数万人の音声データベースを元に喜怒哀楽や気分の浮き沈みをリアルタイムで判定。
奈良先端科学技術大学院大学との共同研究やNTTドコモの被災地支援事業で採用されたほか、ロボティックスやコールセンターなど幅広い分野活用されています。海外でも注目を浴びており、アラブ首長国連邦内務省に正式に採用されたほか、開発者向けに提供しているWeb Empath APIは現在、世界40か国以上で利用されています。

ロボットAIプラットフォーム
Empath Inc.

Source: PR TIMES

Return Top