英語学習AIロボットMusio(ミュージオ)、2.0アップデートで新たなAIエンジンを搭載し、英語学習機能を拡充化

英語学習AIロボットMusio(ミュージオ)、2.0アップデートで新たなAIエンジンを搭載し、英語学習機能を拡充化
人工知能エンジン及び人工知能ソーシャルロボットを開発しているAKAは、今回の2.0アップデートにおいて、初級レベルでの英会話練習ができる「Easy Chat mode(イージーチャットモード)」と単語や表現、対話を繰り返し練習できる「Edu Mode(エデュモード)」の2つの新しい機能を搭載しました。

AKAが開発した英語学習AIロボット「Musio」は、自ら考えて会話ができ、その会話内容をだんだん覚えていくソーシャルロボット。アメリカのネイティブ英語を話し自然な英会話ができるチャットモードと、専用教材を使用しレベルや目的に合わせた英語学習ができるチューターモードがあるので、英語学習のパートナーとして活用されています。

Musioに搭載されいている従来のチャットモードは、アメリカのドラマや映画をはじめとするネイティブ英語表現を集積したAIを使用しているため、Musioが話す英語レベルが初級者には会話練習相手としては難しい面があるというユーザーの声がありました。
そのため、AKAでは初級者向けの会話データのみを再度集積し、初級レベルの英会話練習が可能な新しいAIエンジンを追加。

また、英語習得には学習した単語や表現を繰り返し話すことが重要な要素になるため、今回のEdu Modeでは、Musioと単語や表現を反復練習し、先生がいなくてもMusioとその内容をテストできる機能が追加されています。練習後、実際にMusioとロールプレイすることで、学んだ表現をより効果的に覚えることができるようにしたそうです。

Musio 公式サイト

Source: PR TIMES

(最終更新:2017年11月25日)1191
Return Top