セルバスAI、病気予測サービスで「CES 2018」イノベーション賞

セルバスAI、病気予測サービスで「CES 2018」イノベーション賞

人工知能(AI)を専門とする企業セルバスAIが、病気予測サービス「セルビーチェックアップ」の技術を高く評価され、来年1月に米ラスベガスで開催される世界最大の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(Consumer Electronics Show、以下「CES」)2018」にて「CES 2018イノベーション賞(Innovations Awards)」を受賞することがわかりました。

「セルビーチェックアップ」は、健康診断の結果を入力すると、肺がん・肝臓がんなどの6大がんや心・脳血管疾患、糖尿病などの主要成人病が2~3年以内に発症する確率を予測してくれるサービスで、ビッグデータ分析専門家や様々な分野の臨床医によって共同開発された代表的なメディカル人工知能ソリューション。
特に今回の受賞は、大型病院とセルバスAIの共同開発した製品がその技術と革新性を世界に認められたという点から、医療産業とIT産業においてその意味は大きいといわれています。

急激に進む高齢化と現代人の誤った生活習慣により、成人病の発病率が次第に高まっています。成人病は世界的に最も多い死因のひとつとなっていますが、リスクを予測してきちんと健康管理をすれば予防や早期治療が可能です。「セルビーチェックアップ(Selvy Checkup)」は、知能型疾患予測システムの構築により成人病の効率的な管理だけでなく、 国民の健康増進にも貢献できるという期待から、CES 2018「より良い世界の実現に向けた技術」部門にて受賞者に選ばれました。

セルバスAIのCEOであるJames Kimは受賞について「セルビーチェックアップがメディカルビッグデータを活用した代表的な製品として韓国国内だけでなく海外からも認められた結果」と述べた。続けて「韓国のすばらしい医療インフラをもとに今後も医療イノベーションを重ねていけるよう、最善を尽くしたい」と抱負を語っています。

セルバスAI(SELVAS AI)

Source: PR TIMES


(最終更新:2017年11月18日)729
Return Top