IBM Watsonを活用した「自動会話プログラム」で住民サービスを開始

IBM Watsonを活用した「自動会話プログラム」で住民サービスを開始
岡山県和気町とキャメルは、IBM Watsonを活用した、移住希望者に向けた住民サービス「わけまろくん」を共同で開発、2017年11月22日より運営を開始しました。

「わけまろくん」は、LINEやウェブサイト上で動作する対話形式のサービスで、利用者が和気町のことを質問すると的確な情報を自動で案内します。
同町ウェブサイト、もしくはLINEで友だちになることで利用が可能です。また、同町にある温泉施設「和気鵜飼谷温泉(わけうがいだにおんせん)」に設置された、人形ロボット「Pepper」と連携しているため、Pepperに話しかけると的確な情報を案内してくれます。

また、同町に問い合わせのあった膨大な情報を学習させることで、WatsonのAPIであるNLCを使って利用者の質問内容から最適な回答を導き出します。たとえば、ゴミの分別の仕方や水道が故障した時の対応、子育てや介護に関する相談など、多岐にわたる質問に答えることができます。さらに、移住定住者向けの質問も盛り込こむことで定住人口の増加を図っていくそうです。

キャラメル

Source: PR TIMES

Return Top