171222 今週の気になる AI ニュースまとめ

2017年12月22日までにニュースサイトなどで配信された
気になる人工知能(AI)関連のニュースをまとめてみました。

人工知能が“究極に美しい顔”を決定 「次世代AI美女」岡田莉世&廣岡実夢とは?
人工知能による美女コンテストで発掘されたモデルの岡田莉世(おかだ・りせ/14)と廣岡実夢(ひろおか・みゆ/13)が、21日発売のビューティー誌「VOCE(ヴォーチェ)」2月号に初登場した。


人工知能(AI)とビッグデータが、人事を『科学』にする。勘と経験に頼らず人を選ベる仕組みとは
新聞記事やその他の報道で「AI」や「人工知能」、「ビッグデータ」という言葉を見ない日はほぼない。それほど「AI×ビッグデータ」のビジネス社会へ導入が注目されている。人事の分野においてもその傾向は変わらない。しかし、実際にはどういった変化が起きるのだろうか。その時、経営者や人事は「入社後活躍」に向けて「AI×ビッグデータ」と、どう向き合えばいいのだろうか。『人工知能×ビッグデータが「人事」を変える』の著者である福原正大氏に話を聞いた。


将棋、囲碁のように…AIは人間の「診断力」を超える?
AIは世界中のデータをくまなく検索して解析し、病名を突き止めるだけでなく、治療方針まで示すことができる能力を持つでしょう。


AI学会で人材争奪戦 米中韓などIT70社以上集結
人工知能(AI)への対応が世界の企業の競争軸となる中、人材の取り合いが激しさを増している。


「脳ハッキング」で人類がAIの進化に対抗する日は来るのか
筆者の手には、チップが埋め込まれている。チップは米粒ほどの大きさで、それまでとは違うスマートフォンの使い方ができるようになった。


不気味の谷 越え間近、ロボットやAIの活用方法
GoogleやAmazonから出ているAIスピーカーや、ロボットが接客するホテルとしてギネス記録に認定された「変なホテル」など、AIやロボットが我々の生活に浸透し始めている。


30年のIoT世界市場規模404兆円 JEITA見通し 16年の2倍
電子情報技術産業協会(JEITA)は19日、「IoT(モノのインターネット)」の世界市場規模が2016年の194兆円から30年に約2倍の404兆円に拡大するとの見通しを明らかにした。


日本最大のAI・人工知能の専門展4月、ビッグサイトにて開催
リード エグジビション ジャパン(株)は、2018年4月4日(水)~6日(金)までの3日間、東京ビッグサイトにて「第2回 AI・人工知能EXPO」を開催する。


MAGASEEK、ファッション通販アプリに人工知能による画像検索レコメンド機能を搭載
マガシークが運営する総合ファッションサイト「MAGASEEK」のセール通知アプリは、人工知能を使った新機能を搭載し、「MAGASEEK(マガシーク)ファッション通販」へリニューアルした。


音声認識の仁義なき戦いが始まった
12月の初めにグーグルは、アマゾンの「ファイアTV」と画面付き人工知能(AI)スピーカー「エコー・ショー」でYouTube(今はグーグルの傘下にある)の映像を見られなくする措置を表明した。


人工知能、ブロックチェーン、安全なデータ社会における先端テクノロジーの役割
世界最先端の電子国家と呼ばれるエストニア。同国のサイバー防衛の中心的役割を担ってきたヤーン・プリッサル氏とプラネットウェイ代表の平尾憲映氏によるサイバーセキュリティー対談(全3回)。


人工知能に人間を「裁く」ことはできるのか?
「AIトレーダー」に「AI面接官」、さらには「AI婚活」まで――。昨今、人工知能が意思決定のための判断材料を提供してくれる領域が急速に広がっています。2018年には、この傾向がさらに加速していくでしょう。

Return Top