171110 今週の気になる AI ニュースまとめ

2017年11月10日までにニュースサイトなどで配信された
気になる人工知能(AI)関連のニュースをまとめてみました。

イノベーションを実現する--マイクロソフトがデジタル技術を披露
日本マイクロソフトは11月8日から2日間、今年発表した最新技術を網羅的に紹介するイベント「Microsoft Tech Summit 2017」を都内のホテルで開催。


人間に近い音声で読み上げるAIアナウンサー「荒木 ゆい」--Specteeが開発
報道機関向けのニュース速報サービス「Spectee」を運営するSpecteeは11月7日、人間に近い音声で原稿を読み上げたり、会話したりできるAIアナウンサー「荒木 ゆい」のベータ版を公開したと発表しました。


Watsonの「無料お試し」でIBMは巻き返せるか、激化するAIクラウドの顧客争奪戦
日本IBMは2017年11月1日、クラウドサービス「IBM Cloud」を一定範囲内で無料・無期限で使えるようにした新たな会員制度「ライト・アカウント」をはじめました。


IoT推進ラボ第5回先進的IoTプロジェクト選考会議(IoT Lab Selection)<先進的IoTプロジェクトに対する官民合同支援>のプロジェクト募集を開始
経済産業省、IoT推進ラボ及びNEDOは、本日より第5回先進的IoTプロジェクト選考会議(IoT Lab Selection)<先進的IoTプロジェクトに対する官民合同支援>のプロジェクト公募を開始しました。


「AI後進国」日本、その原因は行政?企業?国民性?
本記事では、日本が「先進国」と呼ばれて久しい現状を、各分野の有識者に話を聞いています。


小中高生の読解力低下に懸念、人工知能に職を奪われる?
本記事によると、中学3年生の約5人に1人、高校3年生の13人に1人が主語と目的語を読み取れていないと発表。教科書が読めなければ自分1人で勉強ができず、勉強の仕方がわからなければ「人工知能に職を奪われる」と問題提起しています。


米でシェアトップの「エコー」 アマゾンが日本発売
アマゾンジャパンは8日、話しかけると人工知能(AI)が音楽を再生したり、家電を操作したりしてくれるAIスピーカー「アマゾンエコー」を発売すると発表しました。


製薬会社の営業識はリストラ対象!? ネット情報の充実とAIの進化に勝てない
人工知能の進化によって仕事がなくなると予見されているが、専門知識が必要な仕事までもその対象となるらしい。


タロシアの検索サイトYandexの音声アシスタント「Alice」、強制収容所やスターリンを肯定し炎上
ロシア語特化の音声アシスタント「Alice」が、暴力的なことや1930年代のスターリン体制や強制収容所を肯定する回答をしているということで炎上している


AIスピーカーに透ける「ポストスマホ」の潮流
AI(人工知能)による音声認識デバイスを備えたAIスピーカーの登場で、「ポストスマートフォン」の世界はどう変わるのか。


人工知能を活用し、ぼけた画像をシャープに自動変換するアルゴリズム
ドイツ南部テュービンゲンを拠点とするマックスプランク知能システム研究所(MPI-IS)の研究チームは、人工知能を活用し、低解像度画像から高解像度の画像を生成するアルゴリズム「EnhanceNet-PAT」の開発に成功した。


モノマネする人工知能 ~ 自動翻訳を支える影の立役者
AIの栄枯盛衰を見てきた著者が、AIについてたっぷりと検証する連載。


中国、次は“AI教師”5兆円投入5億問蓄積…世界一の“AI国家”への野望
世界を驚愕させている、中国が進める学校の先生を“AI化”しようという計画とは?


「年齢は◯◯歳デス」人工知能が容赦なく見た目年齢を測定
アプリ『超精密AI!顔年齢測定カメラ』は、カメラで撮影したものやフォルダー内に保存している写真を選ぶだけで、AIが見た目年齢を測定してくれるそうです。

(最終更新:2017年11月9日)217
Return Top