171117 今週の気になる AI ニュースまとめ

2017年11月17日までにニュースサイトなどで配信された
気になる人工知能(AI)関連のニュースをまとめてみました。

普通の人が普通にAIを構築する時代が来ている
Google Cloudチームのデベロッパーアドボケイトである佐藤一憲氏がTREND EXPO TOKYO 2017に登壇。AI(人工知能)の活用事例を、同社サービスを軸にして語った。


国内AIシステム市場は5年で16倍に急成長、IDC Japanが予測
IDC Japanは2017年11月15日、自動応答や故障予測など「コグニティブ/AI(人工知能)システム」の国内市場予測を発表。2016年から2021年までの年間平均成長率は73.6%、2021年の市場規模は2016年比約16倍となる2501億900万円と予測した。


人工知能の驚異、写真をアップロードすると高解像度化してくれるサービスが話題に
IDC AIを利用し、手持ちの写真をアップロードするだけで高解像度化してくれるウェブサービスが海外で話題になっている。


意外とこんな近くに?人工知能を搭載したロボットたち
身近なロボットにおける人工知能とロボティクスの関係について、事例とともに紹介。


「人工知能が第三次大戦を引き起こす」プーチンが恐れるAIの超進化とは?=浜田和幸
プーチン大統領が突然「人工知能(AI)が第三次世界大戦を引き起こす」と発言。曰く「AIはロシアの未来を変える。しかし、それはロシアに限らない。人類の未来をも変えるだろう。AIを制する者が世界を牛耳ることになる」。


「2つのAIが“独自言語”で会話」の真相--FacebookのAI研究開発者が明かす
2017年夏、Facebookの人工知能(AI)研究組織である「Facebook AI Research(Facebook人工知能研究所)」が2つのAIで会話実験をしたところ、人間が理解できない言語で会話をしはじめ、実験が強制終了されたという。


人工知能を使えば、「自殺」を8割以上の確率で予測できる:研究結果
MRIで記録した脳活動パターンや、大量の医療記録などを人工知能に学習させることで、自殺しようと考えているかどうかを80~90パーセント以上の精度で特定できるという研究成果がいくつか発表されている。


Return Top