171201 今週の気になる AI ニュースまとめ

2017年12月1日までにニュースサイトなどで配信された
気になる人工知能(AI)関連のニュースをまとめてみました。

17歳の天才高校生、人工知能の論文を発表──その頭脳がAIの進化を加速する
「OpenAI」から発表された注目の論文の筆頭著者は、なんと17歳の高校生だった。15歳のときに自作のニューラルネットワークを訓練していたというケヴィン・フランは、何を思って人工知能の研究に没頭しているのか。


フェイスブック 人工知能活用し自殺防止の取り組みへ
フェイスブックは、AI=人工知能を活用して自殺をほのめかす投稿を検知して、投稿した人に相談を受けるよう促す取り組みを全世界で始めると発表しました。


国連も危惧するAI失業、一方で「新たに生まれる」職業は?
高度に発達した人工知能(AI)やロボットの登場・普及は、人間から多くの仕事を奪っていく。国連などが懸念するように、AIおよびロボットの普及による大量失業は本当に起こるのだろうか。


NTTドコモ・韓国KT・中国移動が人工知能サービス開発で協力...「AIタスクフォース」新設
日中韓を代表する携帯キャリア・NTTドコモ、KT、チャイナモバイルの3社が、人工知能(AI)サービス開発のために協力する。


人工知能政治家「Sam」登場…目指すは首相の座「私は国民の意見を無視しない」
ニュージーランド政界で旋風を巻き起こしている女性首相ジャシンダ・アーダーン氏に、思わぬところかライバルが出現するかもしれない。同国のマールボロ地方の実業家ニック・ゲリッツェン(Nick Gerritsen)氏は最近、世界初となる人工知能(AI)政治家「サム(Sam)」を公開。首相の座を狙う計画を明かした。


中国14億人「完全管理」へ AI監視カメラ+顔認証+ネット履歴+犯罪歴
中国は、国家の明日を担う優秀な人材を育てるため、AI(人工知能)を使った教育を国家戦略の柱と位置づけたほか、国を挙げて“AI(人工知能)戦略”を活発化させ、米を抜いて世界一の“AI(人工知能)国家”をめざす計画を着々と進めています。


マジカル・パンチライン、人工知能ディレクションによる2ndシングル全曲MV公開
“魔法” をコンセプトとする5人組のアイドルグループ、マジカル・パンチラインが12月20日にリリースする2ndシングルの詳細を発表。今作は、人工知能「AI-CD β」によるクリエイティブディレクションを元に、楽曲よりも先にミュージックビデオが制作され、ミュージックビデオにあわせて楽曲が制作されるという世界初(※)の “ミュージックビデオ先行型 楽曲制作プロジェクト” によるもの。


Return Top