171208 今週の気になる AI ニュースまとめ

2017年12月8日までにニュースサイトなどで配信された
気になる人工知能(AI)関連のニュースをまとめてみました。

AIや自動化で大幅な効率向上が期待できる5つの職
ロボット革命がすでに始まっていることには疑いの余地がないが、実際にどれだけの職が失われ、それまでにどれだけ時間がかかるかはまだ不明だ。一方、人工知能(AI)はすでにさまざまな業界の職業に大きな影響を与えており、多くの仕事のあり方を変えている。


AIロボット「Kibiro」が商品説明も--FRONTEO、法人向けロボットサービスを拡大
FRONTEOは12月7日、人工知能ロボット「Kibiro」の法人向けモデル「Kibiro for Biz」に新プラン「Kibiro for Biz +Marketing」を追加したと発表した。


音楽AIが活躍する場をつくっていたiTunes~スティーブ・ジョブズが世界の音楽産業にもたらしたもの
iTunesの時代になれば音楽は復活すると世界は期待したがそうはならなかった。音楽界は全く新しい何かを待望するようになり、iPhoneやApple Music誕生の背景ができあがっていくのだった。その過程で、iTunesは音楽AIやキュレーションメディアが活躍する土壌をつくっていた。


「AIとはソフトの進化」 Intelが取り組みを強化
Intel(インテル)にとって2017年は、AI(人工知能)技術、とりわけ機械学習向けの開発に関わる取り組みを積極的に行った年となった。


AIスピーカー、「業務用」「日本語特化」にこそ勝機あり
米Amazon.com社、米Google社、そしてLINEなど大手IT企業がBtoC(消費者向け)のAIスピーカーを続々と投入する一方で、全く異なるアプローチを試みるベンチャー企業がある。


深層学習AIで自動翻訳にパラダイムシフト
翻訳AI(人工知能)に大きなパラダイムシフトが起きた。昨秋以降、米グーグルや米マイクロソフトが相次いで、ヒトの脳神経細胞の学習機能をモデルにしたディープラーニング(深層学習)をAIに導入したのだ。


AIは、自社のビジネスを左右する重要業務にこそ適用すべきだ
AIの一般的な定義では自動化に力点が置かれており、その結果として、ITリーダーやビジネスリーダーにとっての活用機会は見過ごされていることが多い。AIをどのように活用すべきか考えているなら、自社にとって不可欠な部分への活用を追求しなければならない。


グーグルの最新AI「AlphaZero」は、3つのゲームで人間を超えた──その実力と「次のステップ」
グーグルの親会社であるアルファベット傘下のDeepMind(ディープマインド)が、囲碁や将棋、チェスまで自己学習できる人工知能「AlphaZero」(アルファゼロ)を発表した。



Return Top