斎藤由多加が、ALIFE(人工生命)をテーマにしたカンファレンス「TOKYO ALIFE 2020」に登壇

TOKYO ALIFE 2020Image: TOKYO ALIFE 2020

シーマン人工知能研究所 所長の斎藤由多加が、一般社団法人ALIFE Lab./主催、東京大学次世代知能科学研究センター/共催によるカンファレンス「TOKYO ALIFE 2020」に登壇します。

未来の鍵を握る「ALIFE(人工生命)」について議論する「TOKYO ALIFE 2020」。
今年のテーマは、「“ALIFE Everywhere” Open-Ended Evolution and Human mind(オープンエンドの進化と人間の心)」。
斎藤由多加が、ALIFE(人工生命)をテーマにしたカンファレンス「TOKYO ALIFE 2020」に登壇
27日(金)の一般向けカンファレンスと、28日(土)のアカデミックなカンファレンスが開催される本イベント。
斎藤由多加は、27日(金)に4つのトピック〈AIからALIFEへ/自律性と不死性/オープンエンドな進化/拡張進化/社会の中のALIFE(社会に拡張されたALIFE概念をめぐる対話)〉に分けて行われるディスカッションに、主催するALIFE Lab.代表・池上高志氏、ノーマン・パッカード氏、デイヴィッド・ハー氏、茂木健一郎氏をはじめ、世界中から集まったALIFEやAIの研究者と共に登壇します。

【登壇】
27日(金)11時〜11時50分 セッション2「自律性と不死性」。
池上高志氏(一般社団法人ALIFE Lab.代表)、Adrienne Hart氏(コレオグラファー)、茂木健一郎氏(科学者/作家)、宇川直宏氏(アーティスト/映像作家)、斎藤由多加

【開催概要】
日 時:3月27日(金)10時~21時30分、28日(土)9時30分~17時
場 所:渋谷スクランブルスクエア SHIBUYA QWS 15階(SHIBUYA QWS スクランブルホール)
   :東京都渋谷区渋谷二丁目24番12号
入場料:3月27日(金)¥25,000 /28日(土)¥ 7,000 /両日 ¥30,000
地 図:こちらをご参照ください

【参加申込】
こちらより、お申し込みをお願いします。

【イベント詳細】
こちらより、ご確認ください。

【お問い合わせ】
Mail:info@alifeconference.jp

Return Top